ひと目で分かる!キャラクター作りはシルエットや派手さが大事!




キャラクター作りにおいてよく言われているのが、このシルエットです。
特に少年漫画などで重要視されている要素だと思います。

シルエットだけで、どのキャラクターかわかる

キャラクターがひと目でわかるというのは、印象深く残っているという証拠でもあります。
ただ、青年誌などのリアル路線の絵では結構無理がある手法で、少年誌のよりデフォルメされた絵柄にマッチしていると思います。

見た目が派手な理由はこれ!

よくキャラクターとかで現実離れしているようなツンツンしている髪型とか、変な服を着ていたりするのは、このシルエットを重視して読者にキャラクターの個性を伝えるためなんです。

シルエットだけでなく、髪が赤色だったりと現実離れしている理由も読者の記憶に残しやすくするためです。

アイテムで引き立たせる

別に髪型が奇抜じゃなくても良くて、ワンピースのルフィなら麦わら帽子といった、そのキャラクターを成り立たせるための強力なアイテムである場合もあります。しかもワンピースの場合、ルフィの麦わら帽子にはシャンクスとの絆が詰まっているなど、見た目だけでなく物語としての結びつきも強いので、より強烈に印象が残ります。

ギルティギアという格闘ゲームで棒をつかうキャラクターを作る時にシルエットが地味だという理由で旗が採用されていたりする裏話もあります。

それだけ、キャラクターの印象を残すために漫画ではデザイン面でも気を使う必要があります。

外見も大事だけど、内面も作り込む

外見は視覚的に印象を残すデザインですが、内面のデザインの方がより重要だと僕は思います。

そのキャラクターの心境、考え、どう育ってきたのかなど、そういったものこそが一番の魅力であり中心にあると思います。外見的デザインは、それに合わせた肉付けといった感じかなと考えています。

顔に傷があるとして、それがどうキャラクターの過去と結びつくのか、そういった面も考えることで深みが増していくはずです。

どうも、ぷ~ちんです。

外見に悩んだらシルエットだけで抜いて調整していくといいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。