驚愕!同じ漫画でも編集者によっては天と地ほどの評価がある




漫画の持ち込みって勇気が入るんだよね・・・。自分の漫画作品がどのように評価されるかドキドキもの・・・。

もしもボロクソに言われて落ち込んでいるという人は、この記事を読んでまた編集部のドアをノックしてみてはどうでしょう。

編集者や雑誌にもそれぞれカラーがある

間違いを指摘する人、ボロクソに言う人、良い点もあげてくれる人、編集者も人間なのでそれぞれいます。また雑誌によってもかなり違ってくるので、色々な角度から自分の漫画作品を見直してみるのもいいと思います。

編集者も描きたいものがある

編集者も大体の人が漫画が好きでやっているので、自分が一緒になって作りたい漫画というものがあるのです。

仕事なのでいい部分があったり、ヒットの可能性があれば、もちろん協力してくれますが、中にはそのジャンルだけは断固お断りという人もいるというのも事実。そうなったら運が悪かったと思い、前向きに次に進んでいこう。

逆にもし、悪い部分を指摘されて改善しなければいけないところは素直に取り入れていくと、より洗練された漫画に仕上がっていくはず。

雑誌カラーに要注意

まぁ、まず熱血野球少年が甲子園を目指すという物語を少女漫画雑誌に持ち込んだら追い返されますわな。これは明らかだけど、問題はもっと微妙な部分の場合。

少年誌で漫画を描きたくて、熱血野球少年の物語の年齢層が高めだった場合、少年誌ではなく青年誌が適切になるわけです。

これについてはこんな話を聞いたことが・・・

ジャンプに持ち込みに行ったらボロクソに言われ、そのままエレベーターに乗りヤングジャンプへ持ち込んだら賞を受賞した。

こんな極端な話があるくらいだから、自分の漫画がダメだ、ゴミだ、なんてボロクソに言われて落ち込まず、違った可能性に目を向けて愛を注いで描いた漫画をたくさんの人から評価してもらい、何をすれば面白くなるのかを考えるのが大事でしょう。

どうも、ぷ~ちんです。

自分じゃ気づけないところもあると思うので、いろいろな視点から評価を受けるのもいいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。