戦う理由はなんだ?!漫画の主人公には動機が必要だ!




主人公において最も大事なもの、それは動機です。キャラクター全般に言えますが、何のために行動しているのかという理由が必要です。
何も考えていない人間なんていませんよね。

キャラクターには動機を持たせる

キャラクターも生きている以上、何かしら目的があります。犬であろうと食べて生きていくという動機があって行動しています。

人間だからこその動機

生きていくという目的は本能的であり面白いですが人間味はあまりないですよね。

海外ドラマにウォーキング・デッドというゾンビの世界を舞台にしたものがあります。生き抜くという最大の目的があり行動していますが、その中に家族を守るために戦う、人と人が手を取り合ってより良い世界を創りたいといった行動の動機もあります。この人間らしい、人間だからこその動機が必要です。

自分のために行動すること

仮に主人公が世界平和や正義のためだけに動く政府のような人間だとしたら、自分の意志ではないため人間味がなくなり動機ではなくなります。

愛する人が政府に殺され、今まで属していた政府機関から自分の意志で抜け出した後に反逆する。そういったストーリーは非常に多いですが、それこそが人間味なのです。

そう、主人公は一体何のために戦うのか?誰のために戦うのか?
家族や恋人などの愛する人、認めて欲しい人や仲間などの大切な人、信念や美学などの自分のポリシー。
そういった主人公自身の気持ちがエネルギーとなり動機となるのです。

どうも、ぷ~ちんです。

自分たちも何かしたい時って理由があるものだよね。それをキャラクターに持たせて考えを持たせましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。